最新記事

管理栄養士が伝える「からだづくり」の5つのポイント

2018年10月18年

Wellnesta協賛の食育の日が開催されました。

管理栄養士であり、コーチでもある、

Wellnesta運営代表の岩木博久氏と

健康体力研究所の横内祥太氏によるコラボセミナーの内容を大公開。

からだづくりのために大切な5つのポイント

「からだをつくる」とは身長を伸ばしたり、体重を増やしたり、

ということはもちろんのこと、

あなたの可能性を最大限に引き出せるからだをつくることです。

食事・栄養

からだづくりにはその材料が必要です。

あなたは光合成はできますか?

できなければ、大部分の栄養を「食事」によって補わなければなりません。

大人であれば、基礎代謝と運動での消費量を食事で補います。

子どもであれば、基礎代謝と運動での消費量に加え、成長に伴う必要量を、食事で補う必要があります。

優先順位は、

1、基礎代謝

2、運動

3、成長

運動での消費量が高すぎると最大限の成長を妨げてしまう可能性があるのです。

運動・遊び・スポーツ

からだを動かさなければ、骨への刺激も少なく、骨の成長を促せません。

筋肉もつきません。

もっと前の段階で、

運動や遊びに取り組まないと、思った通りに体を動かすこともできません。

睡眠・休息

「寝る子は育つ」は正解です。

適切な睡眠は、体を休め、消化吸収力を高め、修復し、成長させます。

さらに、脳もその日の勉強したことを記憶させたり、

からだの使い方も覚えるようになります。

昨日できなかったことが、今日できるようになっていた経験はありませんか?

まさにそれです!睡眠や休息はからだづくりには必要不可欠です。

モチベーション

「動機づけ」とも言いますね。

・なぜ、スポーツに取り組むのか

・なぜ、勝ちたいのか

・なぜ、体をつくるのか

などなど、いろいろ考えます。そして、いろいろ答えも考えます。

人の心理は複雑で、

①「~しなければならないから」と思うことでモチベーションは上がりますが、残念ながら、目標を達成してしまうと燃え尽きてしまいます。

②「~したいから」という思いに行きつくまでが大変ですが、そこに行きつくとどんどんモチベーションが上がり、向上心が溢れ出てきます。
もちろん、燃え尽きません。目標を達成したら、その次を求めるようになります。

コミュニケーション

上司、家族、指導者とのコミュニケーション

「人生のあらゆる悩みは人間関係の悩みである」と言われるくらい相手とのコミュニケーションは大切です。

信頼できる人、ホッとする空間、安心できる家族、

それらはコミュニケーションがうまくいっているから生まれます。

この状態は、リラックスができ、消化吸収力も高まることで、成長が促されます。

反対に、

コミュニケーションがうまくいかないと、不安やストレスを感じます。

その不安やストレスが、成長ホルモンの分泌を妨げてしまうことをご存知でしたか?

知らないことを知るために専門家がいます

知らないことを知ることは大切です。

疑問があるときは、テレビやネットで調べてみます。

ただし、その情報は確実に「誰か」の意図が組み込まれています。

まずは専門家に聞いてみましょう!

Wellnestaはそのような専門家の集まりです!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る