最新記事

スポーツトレーナーが「入浴」を勧める3つの理由

スポーツ選手は「入浴」が体のケアに必要と知っています

疲れ果てた日に時間がないと、汗を流すだけのシャワーになってしまいませんか?

日中が暑い日は、それだけで疲れてしまい、入浴が面倒になってしまいます。

 

ただし、

からだのメンテナンスのためには「お風呂に浸かる」ことは不可欠です。

プロ野球で活躍する一流選手もそのことを意識しています。

 

試合が終わったら、まず「お風呂に浸かる」ことを行い、

そこから、ストレッチやマッサージなどで体のケアをしています。

 

お風呂に浸かる3つのメリット

「お風呂に浸かる」ことは、次の日に疲れを残さず、高いパフォーマンスを発揮するためには重要なことです。

なぜ、重要なのか!

「お風呂に浸かる」ことはからだのメンテナンスということから、お勧めできる3つのメリットがあります。

 

全身のリラクゼーション効果がある

疲れた一日の終わり、

お風呂に浸かるとき、

「ふぁ~~~」とため息交じりの声を出してしまうことはありませんか?

お風呂のお湯に、その日の疲れが溶け出していくような感じがあります。

それらは、「筋肉が緩む」ことで無意識に感じていることです。

常に、体中の筋肉は、からだを支えるために緊張しています。

それが、お湯の中に浸かるということで、重力(体重)から解放され、使っている時間はその任務から放たれます。

全身の筋肉が緩む=リラックス

お風呂に浸かることによって、体は勝手にリラックスしてくれます。

 

副交感神経が優位になり、入眠しやすくなる

仕事が立て込んでいて、疲れた体に鞭を打ち、頑張っている状態は、交感神経が優位になっています。

いわゆる、「ストレスが溜まっている状態」です。

ストレスを感じているときは、筋肉が余計に緊張してしまっています。

特に、「寝付きにくい」「夜中に目が覚めてしまう」という方は注意してください。

それは交感神経が活性化してしまっていて、眠れる状態ではないからです。

お風呂に浸かることでリラックスします。

リラックスした状態であれば、体の中で「副交感神経」が優位に働くようになります。

※熱湯風呂のように熱すぎるお湯に浸かると反対に交感神経を刺激してしまいます。

 

そうなると、どうなるんですか?

副交感神経が優位になると、からだを修復・成長させるホルモンなどを出すことで、疲れを取ります。

さらに、副交感神経が優位でないと深い眠りに導かれません。

お風呂に浸かった日と、シャワーだけで済ました日の眠りの深さは全然違いませんか?

 

からだ全体の循環が良くなる

体が温まることで、筋肉が緩まります。全身の血管も同じで緩まります。

指先や足先には無数の細い毛細血管が通っています。

ちなみに、
ヒトの毛細血管を含めた血管の長さは10万メートル(地球2周半)ほどの長さになります。※個人差あり

冷え性や体温が低い方は体の循環が悪くなります。

体の循環が良くなることで、体の隅々にある疲れの原因物質を代謝できるようになります。

体が温まっている時間=疲労回復のゴールデンタイム

この時間に、ストレッチを5分でも行うことで、次の日に疲れを残さないメンテナンスになります。

プロ野球選手は試合後、疲れた体をお風呂に浸かることをします。

その後、30分~1時間ほどストレッチなどを行い、体のケアをしています。

さらに、そのあとで、必要であると感じた時は、トレーナーからマッサージなどを受け、次の日に疲れを残さないメンテナンスを毎日行っています。

なので、毎日、観客に応援してもらえるような真剣勝負に臨めるのです!

 

日々のパフォーマンスはメンテナンスで決まります

日々の体のメンテナンスが必要なのは、プロスポーツ選手だけではありませんよね。

部活動に取り組んでいる子どもたちもそうですし、

日々、お客様のために頑張るビジネスマン、

社会や従業員のためを考える経営者も同じです。

常に最大限のパフォーマンスを発揮しながら、健康を保つために毎日できることがあります。

まずは、一日の疲れを取るために「お風呂に浸かる」こと、

そのあとに5分でもいいのでストレッチや体操を取り入れてみてください。

 

次の日のパフォーマンスは、確実に変わります!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る