最新記事

アイシングの重要性 その④

ここのところ、連休続きですね。

さて、このように連休が続くと、医療機関も自ずと休診になります。

私のところにも、部活中に膝を痛めたがどのようにすればいいか等の

問い合わせが休日にあります。

運よく、自宅近くの整形外科が当番医で空いてればいいですが、

なかなかそういうわけにもいきませんし、緊急性をようするものでないと

大病院の時間外も受け付けてもらえないでしょう。

また、近医にいけたとしても、精密検査はまた後日といわれる可能性は大です。

そんな時には、以前、少しはお話しをしましたが、整形外科的な症状であれば、

まずはアイシングです。患部を20分ほど、アイシングをして30~60分ほど休息

をはさみ、何度かこのルーティンを継続してみてください。

日常生活にも支障があり、痛みが絶えれない場合は別ですが、9月、10月と

連休が続く際にはアイシングで1、2日様子をみて、休日明けに通院する

ことも一つかもしれません。

まずは、簡易的ではありますが、家の中に氷嚢とバンテージくらいは常備して

おくことから始めてみてください。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る