最新記事

「虚弱」にならないために

高齢者の寝たきりの要因としてよく言われている、

「フレイルティ」(虚弱)

 

一般的には、

何らかの理由で、ご飯が食べられなくなってしまい、

どんどんやせていって、自分で歩けなくなってしまうような状態のことを言います。

 

ただ、それは広い意味での「フレイルティ」です。

もっと詳しくすると、「3つのフレイルティ」が考えられます。

1、肉体的フレイルティ

いわゆる、「虚弱」です。

筋肉が衰え、身体が動かなくなってしまうことです。

 

2、精神的フレイルティ

これは、認知機能やうつ状態を引き起こしてしまう状態です。

「考えること」など、脳への刺激が少なくなってしまうことです。

 

3、社会的フレイルティ

引きこもってしまったり、一人ぼっちになってしまうことによって

社会との関わりが少なくなってしまう状態です。

外に出ていかないので、活動量も減ってしまいます。

 

これらの「3つのフレイルティ」が絡み合って、

健康状態に大きな影響をもたらす「フレイルティ」になってしまいます。

 

どの時点で対策を打つか。

 

それは、いま、この投稿を読んだ時点からです!

 

・いつもよりたんぱく質を摂ろうとする。

・いつもより体を動かすようにする。

・人がいるところに出かける。

など、本当に日常生活の延長線でできるものです。

 

将来のために、少し意識をして生活してみませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る