最新記事

野球を楽しくするために その①

これから時々、日本における野球を取り巻く現状について

話していきたいと思います。

日本の野球のすそ野は各年代のカテゴリーで分けられています。

生涯スポーツとして年齢を重ねても現役で草野球に励む人もいれば、

少年野球、中学野球、高校野球、大学野球、社会人野球、プロ野球(独立リーグ

を含む)、メジャーリーグ等、いろんなカテゴリーで野球をやめてプレーを

することから一線を引く人もいます。

上記のことは野球だけではなく、他のスポーツでもあり得ることです。

現在、日本では小学生の年代から野球人口が減少しているといわれています。

その背景には子どもそのものの人口減少、サッカーはじめその他のスポーツを

する人が多くなった等、年数を追うごとに野球を取り巻く環境は変化しています。

それでは、なぜ、子ども世代が野球を多くしていた時代がありながら、

他のスポーツの人口が増えていっているのか?

「価値観の多様性」と言われれば、そうかもしませんが、野球自体の問題点も

探っていく必要性がありますね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る